事業案内

渋滞実態調査

渋滞緩和を図るための基礎資料として調査を行います

当社では、交通量調査・解析の一環として、渋滞実態調査を行っています。
道路整備や商業店舗等の開発の結果発生する交通量等を、対象となる交差点での滞留長(交差点に到着した車両が赤信号で停止している長さ)と渋滞長(到着した車両が青信号で捌けない時の長さ)を観測して評価します。
この調査で、交通処理上問題ないものと改善が必要なものとが把握できます。

業務内容

  • 渋滞長・渋滞時間調査
  • 信号現示調査
  • 道路状況調査
  • 交通現象解析

主な実績

平成24年度
24市都単第51号-2交通量予測及び筑西幹線道路交通需要調査業務委託(茨城県古河市)
平成24年度
那覇市内交通結節点基礎調査業務(沖縄県那覇市)
平成23年度
生麦出入口通行止による交通影響把握の交通量実測調査(神奈川県横浜市)
平成20年度
東小金井駅北口地区交通処理計画修正業務(東京都小金井市)

ページのトップへ戻る