事業案内

景観・デザイン

魅力ある地域資源を活かした地域独自の景観形成を実現するため、行政や住民の方々と協働し、計画づくりを進めています

景観に関しては、長い間個別計画による地域的対応が主でしたが、2004年に景観法が施行されたことにより景観に関する行政の取り組みは大きく前進しました。一般的に、成熟型社会では、新たに何かを作るより、歴史的なまちなみや優れた風致等既存の地域資源の活用が重視される傾向があります。優れた資源としての地域固有のまちなみは、異なる気候風土や生活風習による建築形態や植栽の違い等によって生まれます。
当社は、魅力ある地域資源を活かした地域独自の景観形成を実現するため、まちづくりに関する合意形成活動のノウハウや、景観シミュレーション、3DCG、バーチャル・リアリティ等を活用しながら、行政や住民の方々と協働し、計画作りを進めています。

古い街並みの再生・将来イメージ図

まちづくりデザインコードに則した街並み
(まちづくりデザインコード:秩父地域の歴史的建造物を参考とし、
建築物の顔となる構成要素の意匠や素材、色彩を示したもの)

掲載しているイラスト・図の所有権は秩父市に帰属します

業務内容

  • 景観基本計画策定
  • 景観ガイドプラン策定・ガイドライン策定
  • まちなみ形成計画策定
  • 公共施設修景デザイン作成
  • 3DCG作成
  • VR:バーチャル・リアリティ作成

主な実績

平成24年度
中川周辺地区景観計画策定業務委託(埼玉県八潮市)
平成23年度
日光市計画計画重点区域指定業務委託(栃木県 日光市)
平成23年度
タウンセンター周辺地区案内サイン検討調査業務委託(神奈川県横浜市)
平成22年度
水辺再生100プラン推進工事(測量・計画検討業務委託)(埼玉県)
平成22年度
家づくりガイドライン検討支援委託(埼玉県八潮市)

パンフレット

ページのトップへ戻る