事業案内

空中写真測量

短期間に、タイムラグのない広範囲の図面や写真画像の作成をすることが可能です

主に航空カメラによって撮影された地表写真より、広範囲の図面や写真地図(写真画像)を作成します。これらは、地理情報システム(GIS)で解析を行うためのベースマップとなります。
当社では、規模の大小を問わず、お客様のニーズにきめ細やかに対応いたします。

業務内容

ディジタルマッピングによる地形図作成

概要

写真撮影

目的に応じて航空機・ヘリコプター(ラジオコントロールを含む)・バルーン等の使用機器を選定し、作成図面に適した計画立案を行います。
(航空カメラは、従来のフィルムを使用するアナログ式と直接画像データを取得するディジタル式があります。)

地図情報作成(図面作成)

撮影されたデータより図面作成に必要な測量計算(空中三角測量あるいは直接定位計算)を行うと同時に、現地調査にて詳細情報を取得します。
その後図化機(アナログ・解析・ディジタル)を使用して図面・データ化した後、編集作業を行い、ディジタルマップを作成します。

用途

  • 地方公共団体向け行政策定用の計画基本図
  • GIS(地理情報システム)の骨格となる数値地図データや基盤地図データ
  • GIS(地理情報システム)にて使用する正射投影写真画像(オルソ画像)

主な実績

平成24年度
都市基本図修正業務委託(埼玉県朝霞市)
平成24年度
空中写真スキャニング等業務委託(愛知県名古屋市)
平成23年度
災害復興計画基図作成業務(気仙沼南部地区)(国土交通省国土地理院)
平成23年度
道路判定のための航空写真による解析委託(東京都新宿区)
平成23年度
清水港航空写真帳作成業務委託(静岡県静岡市)
平成23年度
森林計画編成事業空中写真測量業務(長野県)
平成23年度
有年牟礼・井田遺跡空中写真測量業務委託(兵庫県)
平成22年度
空中写真撮影及びオルソデータ作成業務(林野庁)
平成22年度
荒川ダム空中写真撮影業務((独)水資源機構)

ページのトップへ戻る