見た、使った、行ってみた♪全国のまちづくり - 日本全国の「まちづくり」に関わる先進的な事例レポート。

関原防災まちづくり

東京都足立区の関原地区へ行ってきました。この地区は、これまでに防災生活圏モデル事業により防災まちづくりを進めてきました。

関原地区は、木造住宅が密集し、消防車が入り込めない行き止まり路地等が存在します。このようなことから、"自らの町は、自らの手で守る"を合言葉に、「逃げないで済み、災害に強いまちづくり」のコンセプトのもと、防災活動を行っているそうです。

地区を歩いて一番初めに感じたことは、道路のいたるところに消化器が設置されていることです。

 

bousai01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に道が狭く、行き止まりの路地には、消火栓、ゲートシャワーが設置されていました。

この路地の地下には、5つ貯水槽が設置されており、雨水を消火用水としていつでも使用できるようにしているそうです。

また、水を循環されるために湧水池が設けられ、路地内のシンボルとなっており、防災だけではなく景観にも配慮され、憩いの場として親しまれています。

この路地の住民は、防災設備の点検、防災訓練等を定期的に何年間も継続をして行っているそうです。
 

bousai02.jpg地区を歩いていると、公園が多く目に付きました。

私が発見したすべての公園には、消火用ポンプ、スプリンクラー等の防災関連の設備が備わっていました。

その中でも、関原防災公園は、数多くの防災設備を備えた施設であり、災害時の防災活動拠点となるそうです。防災訓練などの活動ができるように遊具はあまり設置しないでほしいという住民からの要望があったらしく、住民の防災意識の高さがうかがえます。

 

この防災公園では、地元消防団による定期的な防災訓練が行われているそうです。

防災公園内は、仮設トイレの設置用施設や災害時の炊き出しスペースが設置されていました。

平常時はベンチとして使用し、災害時には炊き出し用のかまどとなるベンチが印象的でした。

 

bousai03.jpg木造密集市街地であり、不整形で狭い道が多いという地区特性でありながら、行政により設置された施設を住民が有効活用し、行政と住民の協力による防災まちづくりが推進・維持されていることを感じました。

(Y.E.)

【関原地区 防災まちづくりに関する 年表】
昭和60年  関原二・三丁目防災生活圏モデル事業着手
昭和62年   関原一丁目地区住環境モデル事業の整備方針の大臣承認取得
平成2年       「関原防災路地緑地」手づくり郷土( ふるさと) 賞受賞
平成17年  関原一丁目地区地防災街区整備地区計画の決定
         関原防災路地緑化郷土(ふるさと)大賞認定
(足立区都市整備部HPより)

東京都ヒートアイランド対策 -壁面緑化-

東京都でヒートアイランド対策の一環として行っている壁面緑化を見に行きました。


ヒートアイランドとは、都心部の気温が郊外に比べて高くなる現象です。
この現象は、自動車の排気ガスの増加、道路(アスファルト)や建物(コンクリート等)の増加、緑や水面の減少が要因と考えられています。


壁面を緑で覆うことは、アスファルトやコンクリートへの日差しを遮り、壁面の温度の上昇を抑える効果があります。

東京都では、壁面の緑を増やすために、都民・民間事業者等が壁面緑化に取り組みやすいよう、壁面緑化に関する効果や設置方法等、各種情報を取りまとめ、壁面緑化ガイドラインよりとして、壁面緑化のモデルを紹介しています。


その壁面緑化モデルの一つが、千代田清掃事務所に設置されています。

hekimen01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで使用しているつる植物は、病気になりにくい、一年中緑の葉を見ることのできる品種を選んでいるそうです。

千代田清掃事務所周辺を見渡すと壁面緑化した箇所は、とても目立って見えました。

また、壁面緑化により、ビルが立ち並ぶ都心部の単調な雰囲気を和らげてくれているようにも感じました。
hekimen02.jpg

hekimen03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 地上付近では、ツルが生茂っていますが、上部までは一面を覆い尽くす程ではありませんでした。

今後の成長が楽しみです。

hekimen04.jpg

 

左図は、ビルとツルの間にある【登はんパネル】と呼ばれるものです。
ツルが登っていくのを助け、水分を保持するため、ツルへの水分補給としても重要な役割をしているようです。
ヤシ繊維でできているそうですが、触った感じはスチールウールに似ていました。

 

 

 

今回ご紹介した壁面緑化は、公共の施設を利用したものでしたが、商業用ビルや住宅でも壁面緑化が行われ始めています。

また、これまで東京都では、条例によって、一定の基準を満たした新築・増改築を行う建築物に対して緑化を行うよう義務付けてきましたが、平成21年3月31日の条例改正で、敷地面積が5,000㎡以上の案件についての緑化基準が追加され、さらに緑化が推進されるような条例になりました。(詳しくは、東京都のHPで)

今後は、緑に包まれたビル等の建物が多くなっていくのではないでしょうか。


(I.N.)

 

葛西地下駐輪場

東京都江戸川区の葛西駅にある日本最大規模の地下駐輪場に行ってきました。

江戸川区は、平坦地であるため、手軽で環境に良い自転車を重要な交通手段として位置付け、総合自転車対策を実施しています。総合自転車対策では、放置自転車がゼロとなる安全安心なまちづくりを目指しているそうです。


葛西駅の駅前駐輪場は、良好な景観形成や快適な駅前空間の利用が可能になるように、地下に施工されています。


地下に駐輪場を施工するにあたり、従来の自走式では、将来の需要台数を確保できないことや、葛西駅を縦断する環状七号線の地下を広範囲に掘り起こす必要があり、工期の長期化や工事による交通渋滞の発生が危惧されていました。そこで、工事面積が少なく、収容効率が高い機械式駐輪場「サイクルツリー」が採用されたそうです。


「サイクルツリー」とは、直径6.9メートル、深さ14.45メートルの円筒型駐輪設備で、放射状に自転車をエレベーターで収納し、1基につき180台の自転車が収容できるそうです。


葛西駅地下駐輪場では、合計36基が設置されており、6,480台の自転車が「サイクルツリー」に収納することができます。また、自走式駐輪場(2,920台駐輪可能)も整備されており、収容台数は、計9,400台となります。これは、駐輪場としては、日本最大規模だそうです。


私が駐輪場を訪れた際には、何基かの「サイクルツリー」は満車となっており、自走式駐輪場も利用率が高く、駐輪場施設が有効に機能している印象を受けました。


kasai.jpg      
江戸川区では、これまでに、葛西駅以外の周辺駅に対しても駅前駐輪場の整備を実施してきました。


これら周辺駅における放置自転車台数は、ピーク時の平成13年の6,815台から平成19年5月には529台までに減少し、減少率は92.2%となっているそうです。


自転車利用を推進しながら、放置自転車ゼロのまちを目指す総合自転車対策事業が、効果をあげていることが分かります。


私が葛西駅に訪れた際は、放置自転車は一台も見受けられませんでした。また、地下に駐輪場が作られているため、歩道が広くモニュメント等が設置され快適な駅前空間が広がっていました。

(Y.E.)

 

【総合自転車対策】
 駅周辺の放置自転車は、長年にわたり社会問題となっていることから、江戸川区では次の4つを柱と
する「総合自転車対策」を実施し、放置自転車が0(ゼロ)となる安全安心なまちづくりを進めています。


 <4つの柱>
• 駐輪場の整備・増設、使用料制への移行
• 放置禁止区域のエリア制への変更
• 業務委託の駅別一本化
• 駐輪マナー向上を目指して

   「江戸川区広報」より

越谷レイクタウンに行ってきました。

先日、埼玉県にある越谷レイクタウンに行ってきました。

大型ショッピングモールがあることで非常に有名な地域です。

東北に住んでいる私の友人も知っていたので、知名度は全国区のようです。

 

池リサイズ.jpg【広大な池と大型ショッピングモール】

奥に見える建物が大型ショッピングモール。

大きいです!

池の回りには遊歩道が設置されていて、とても良い雰囲気でした。

 

 

 

大型ショッピングモールは「とにかく大きい!」の一言で1日ではなかなか回りきれません。

私はすでに何回か行っているのですが、いまだに全貌がつかめていません。(笑)

 

大型電気量販店が2店舗入っていたり、スポーツ用品店が複数入っていたりと、同業種の店舗がたくさん出店していることにはビックリしました。

これだけの大きさのショッピングモールならでは。なんでしょうか。

とにかく、一見の価値あり!ですね。

 

大抵のものならここだけで揃うので、非常に便利でだと思います。

地元住民の方が、うらやましい限りです。

 

レイクタウンの名前の由来にもなっている、大きな池は、川が増水したときに水の量を調整する役割をもっているそうです。

しかし、そんな無骨な役割をイメージできないほど、池の周り遊歩道がきれいに整備されていて、隠れたデートスポットになりそうな雰囲気です。

 

デートコースに迷っている方。

ショッピング後の散歩なんていかがでしょうか?

 

住宅地には、新しいマンションや戸建住宅が立ち並んでいました。

まるごと新しいまちなので、町並みがとても綺麗です。

ちょっと前までは、ショッピングモール以外に建物はほとんど無かったので、開発のスピードに驚かされます。

 

IMG_2081_1.jpg【駅前の公園】

奥に見えるベージュ色の地面は、全面芝生で覆われていて、子供たちが楽しそうに駆け回っていました。

 

 

 

 

 

 大きな公園、大きな池があることで非常に開放感があり、 公園や道路などの空間の取り方にも余裕があって、歩いていてとても気持良かったです。

まだまだ工事中の場所も多いので、これから町並みが広がっていくように見えます。

そんな工事中の土地を眺めて、新たに建築される家を一軒を手に入れたらどうしよう?などとと妄想しながら帰りました。(笑)

 

【地域概要】

越谷レイクタウンは越谷レイクタウン特定土地区画整理事業と総合治水対策特定河川事業の2つの事業を使って整備され、大型ショッピングモールと広大な調整池が特徴的な地域です。

 

(T.S.)
 

はじめに

弊社のWebサイトをご覧いただきありがとうございます。

このページは、全国各地の「新しい」「地域独特」「珍しい」行政サービスやまちづくりの施策などについて、弊社の社員が「見た」「使った」「行ってみた」体験記、感想をつづっていくブログです。